C1.1 LRCディーゼルエンジン - 緩い規制および規制なし

産業用ディーゼルエンジン C1.1

国内の販売店に見積りを依頼する ディーラを検索する

重要な仕様

最高出力
28.2 HP
21 kW
最大トルク
49.4 lb-ft @ 2400 rpm
67 Nm @ 2400 rpm
排出ガス
米国EPA Tier 4相当
米国EPA Tier 4相当

概要

CAT® C1.1産業用ディーゼルエンジンは、卓越した出力密度を備え、幅広い回転数域にわたって優れた性能を発揮します。超小型のパッケージサイズと広範なオプション群により、非常に幅広い小型オフロード用途において最適なエンジンとなっています。片側で整備が完結することで、さらに整備しやすくなっており、所有者の総オペレーティングコストも削減できます。C1.1エンジンを利用する業界および用途には、航空機地上支援、補助動力ユニット、ボーリング/掘削装置、破砕機/グラインダ、コンパクタ/ローラ、建設、林業、一般産業、マテリアルハンドリング、鉱業、移動式土木機械、移動式照明塔、ポンプ、トレンチャ、坑内採掘機器などがあります。C1.1エンジンは、定格が2,200~3,400 rpmにおいて13.7~21 bkW(18.4~28 bhp)の範囲にわたり、EPA Tier 4 Interim相当の排出ガス基準に適合しています。これらは、米国EPA Flexibilityを適用して欧州向けに設定されており、該当する排出ガス基準に応じて他の規制地域および非規制地域に導入することができます。

製品仕様 C1.1

最高出力 28.2 HP 21 kW
最大トルク 49.4 lb-ft @ 2400 rpm 67 Nm @ 2400 rpm
定格回転数 2,200~3,400 rpm 2,200~3,400 rpm
最小出力 19.7 HP 14.7 kW
排出ガス 米国EPA Tier 4相当 米国EPA Tier 4相当
エンジン構成 直列3気筒、4ストロークディーゼル 直列3気筒、4ストロークディーゼル
内径 3 in 77 mm
行程 3.2 in 81 mm
総行程容積(排気量) 69 in³ 1.13 l
圧縮比 23.0:1 23.0:1
吸気方式 自然吸気(NA、Naturally aspirated) 自然吸気(NA、Naturally aspirated)
燃焼システム 間接噴射 間接噴射
回転方向(フライホイールエンドから見て) 反時計回り 反時計回り
後処理 - -
長さ 19.3 in 491 mm
15.7 in 400 mm
高さ 22.7 in 576 mm
質量 - 正味乾燥 - オプションのアタッチメントを含まない、基本運転エンジン 191 lb 87 kg

C1.1 標準装備

エアインレットシステム

  • インレットを選択できるインレットマニホールド。

コントロールシステム

  • オルタネータ(12 V、40 A)
  • スタータモータ12 V
  • グロープラグ始動補助装置

冷却系統

  • ベルト駆動クーラントポンプ
  • クーラント温度スイッチ

フライホイールおよびフライホイールハウジング

  • SAE No. 6 1/2フライホイール
  • SAE No. 5と標準のバックプレートフライホイールハウジングから選択

燃料系統

  • 燃料インジェクションポンプ
  • スピンオン式燃料フィルタ
  • エレクトロニックシャットオフソレノイド(ESOS、Electronic Shut-off Solenoid)

潤滑システム

  • 薄型オイルパン
  • スピンオン式潤滑油フィルタ
  • 潤滑油圧力スイッチ

ゼネラル

  • 鋳鉄製、エンジンブロック
  • 鋳鉄製排気マニホールド(サイドアウトレット)
  • 塗装: Caterpillarイエロー(ご要望によりオプションカラーにも対応)

C1.1 を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

次について現在提供中のキャンペーンを確認  C1.1

その他のキャンペーンを見る