C7.1産業用動力ユニット

産業用ディーゼル動力ユニット C7.1

国内の販売店に見積りを依頼する ディーラを検索する

重要な仕様

最高出力
275 HP
205 kW
最大トルク
774 lb-ft @ 1400 rpm
1050 Nm @ 1400 rpm
排出ガス
中国オフロードStage III、ブラジルMAR-1、UN ECE R96 Stage IIIA
中国オフロードStage III、ブラジルMAR-1、UN ECE R96 Stage IIIA

概要

C7.1産業用動力ユニットは、ラジエータ、フライホイール、オルタネータ、オルタネータ配線があらかじめすべて組み込まれた動力パッケージ一式で、数多くのOEM、お客様、パッケージング用途において迅速かつ容易に設置できます。燃料効率に優れたこれらのユニットは、灌漑、産業、採掘、その他のポンプ用途向けの既製品です。

製品仕様 C7.1

最高出力 275 HP 205 kW
最大トルク 774 lb-ft @ 1400 rpm 1050 Nm @ 1400 rpm
定格回転数 116~205 bkW/156~275 bhp(2,200 rpmのとき)、129 bkW/173 bhp(2,500 rpmのとき) 116~205 bkW/156~275 bhp(2,200 rpmのとき)、129 bkW/173 bhp(2,500 rpmのとき)
最小出力 156 HP 116 kW
排出ガス 中国オフロードStage III、ブラジルMAR-1、UN ECE R96 Stage IIIA 中国オフロードStage III、ブラジルMAR-1、UN ECE R96 Stage IIIA
エンジン構成 直列6気筒、4行程サイクルディーゼル 直列6気筒、4行程サイクルディーゼル
内径 4.1 in 105 mm
行程 5.3 in 135 mm
総行程容積(排気量) 427.7 in³ 7.01 l
圧縮比 16.8:1 16.8:1
吸気方式 アフタクーラ付きターボチャージャ装備(TA、Turbocharged Aftercooled) アフタクーラ付きターボチャージャ装備(TA、Turbocharged Aftercooled)
回転方向(フライホイールエンドから見て) 反時計回り 反時計回り
後処理 - -
長さ 68 in 1728 mm
31 in 788 mm
高さ 44.8 in 1140 mm
質量 1737 lb 788 kg

C7.1 標準装備

エアインレット

  • 標準エアクリーナ

コントロールシステム

  • フルエレクトロニックコントロールシステム、すべてのコネクタとワイヤルームは防水処理済み、過酷なオフハイウェイ環境に合わせて設計
  • 柔軟で構成可能なソフトウェア機能とサポート性に優れたSAE J1939 CANバスにより、機械を高度に統合

冷却系統

  • トップタンク温度は108°C(226°F)が標準(冷却パックサイズを最小限に抑えるため)
  • 50:50の水/グリコール混合液
  • 周囲温度48 °C(118 °F)での運転を想定した冷却系統。

フライホイールおよびフライホイールハウジング

  • SAE No. 1、SAE No. 2、SAE No. 3構成などのドライブトレーンインターフェイスを多彩なラインアップから選択可能

燃料系統

  • 電子高圧コモンレール
  • ACERTテクノロジ
  • 革新的なフィルタ設計で最高のエンジン保護性能を確保

潤滑システム

  • 多彩な用途に対して幅広く選択できるサンプ

パワーテイクオフ

  • SAE AまたはSAE Bフランジ(左側)。右側にツインPTOも設定可能。用途によってはエンジン前方からエンジン出力を取り出すこともできます。

ゼネラル

  • 塗装: Caterpillarイエロー

C7.1 を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

次について現在提供中のキャンペーンを確認  C7.1

その他のキャンペーンを見る