C3.6産業用動力ユニット

産業用ディーゼル動力ユニット C3.6

国内の販売店に見積りを依頼する ディーラを検索する

重要な仕様

最高出力
134 HP
100 kW
最大トルク
406 lb-ft @ 1500 rpm
550 Nm @ 1500 rpm
排出ガス
EU Stage V、米国EPA Tier 4 Final、日本2014年(Tier 4 Final)
EU Stage V、米国EPA Tier 4 Final、日本2014年(Tier 4 Final)

概要

C2.8およびC3.6 IPUエンジンは、ターボチャージャエアシステムまたはアフタクーラ付きターボチャージャエアシステムを備えたコモンレール式直噴エンジンで、EU Stage V、米国EPA Tier 4 Final、日本2014年(Tier 4 Final)排出ガス基準に適合しています。容易に設置できるようにするため、このIPUには、後処理装置マウンチング一式、一体型冷却系統、ワイヤリングハーネス一式、ECMと燃料フィルタ用マウンチング一式が備わっています。

製品仕様 C3.6

最高出力 134 HP 100 kW
最大トルク 406 lb-ft @ 1500 rpm 550 Nm @ 1500 rpm
定格回転数 2,000~2,200 rpm 2,000~2,200 rpm
最小出力 94 HP 70 kW
排出ガス EU Stage V、米国EPA Tier 4 Final、日本2014年(Tier 4 Final) EU Stage V、米国EPA Tier 4 Final、日本2014年(Tier 4 Final)
シリンダ数 直列4気筒 直列4気筒
サイクル 4ストローク 4ストローク
内径 3.85 in 98 mm
行程 4.72 in 120 mm
総行程容積(排気量) 219.7 in³ 3.6 l
圧縮比 17.0:1 17.0:1
吸気方式 アフタクーラ付きターボチャージャ アフタクーラ付きターボチャージャ
燃焼システム 直噴 直噴
回転方向(フライホイールエンドから見て) 反時計回り 反時計回り
後処理 DOC+DPF+SCR DOC+DPF+SCR
冷却系統 液体 液体
長さ 46.3 in 1177 mm
31.8 in 808 mm
高さ 40.8 in 1036 mm
乾燥質量 1214 lb 551 kg
注記1 *選択するオプションによる最終的な寸法 *選択するオプションによる最終的な寸法

C3.6 標準装備

後処理装置

  • 標準でエンジンに搭載される後処理装置
  • 尿素水タンクと尿素水ラインの設定範囲

エアシステム

  • 標準ヘビーデューティエアクリーナ

冷却系統

  • 50:50の水/グリコール混合液
  • 機械の信頼性を確保するために利用できる冷却系統の設計および検証に関する詳細なガイダンス
  • エンジン搭載のトップタンク付きラジエータ(温度108 °C(226 °F))
  • 押込みまたは吸出しファンのオプション
  • ラジエータ腐食スクリーンの設定あり

電気系および電子系

  • 12 Vおよび24 Vシステム
  • CANbus J1939を介したデータインターフェイス
  • インストルメントコントロールパネルの設定あり
  • 完全電子制御
  • バッテリへの影響を最小化し最適な寒冷時始動を実現するグロープラグ
  • 高出力オルタネータおよびスタータモータのオプション
  • センサおよび堅牢なワイヤリングハーネスが内包

フライホイールおよびフライホイールハウジング

  • SAE3フライホイールハウジングとパイロットボア付きフライホイール
  • 一般的なトランスミッションと油圧ポンプに対応する広範なインターフェイス

燃料系統

  • 電子高圧コモンレール
  • 燃料フィルタ - IOPU搭載
  • 標準ヘビーデューティ燃料ろ過機能
  • ウォータセンサ搭載 - オペレータへ早期警告

ゼネラル

  • 寒冷時始動性: 標準装備で-25 °Cまで
  • 塗料またはラッカー塗装済みで供給

油圧システム

  • オイルフィルタ - エンジンの両側に加えてリモートにも対応する搭載オプション
  • レベルゲージ - 位置と長さを選択
  • 急傾斜対応サンプ(全方向に連続35度)急勾配で使用する機械に最適

パワーテイクオフ(PTO)

  • SAE-AおよびSAE-Bインターフェイス対応

C3.6 を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

次について現在提供中のキャンペーンを確認  C3.6

その他のキャンペーンを見る