スイッチギヤとの並列化制御 EMCP 4.4マスタコントロールパネル

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

コンフィギュレーション
高速ネットワークを介して最大8基の発電装置のリモートモニタリングとコントロールが可能です。単一の商用電源に接続されたEMCP 4.4装着の発電装置のグループを並列化できます。
高速ネットワークを介して最大8基の発電装置のリモートモニタリングとコントロールが可能です。単一の商用電源に接続されたEMCP 4.4装着の発電装置のグループを並列化できます。
運転モード
緊急用予備電源、アイランド、商用電源並列化
緊急用予備電源、アイランド、商用電源並列化
用途
LVおよびMV(208 V~38 kV)
LVおよびMV(208 V~38 kV)

概要

EMCP 4.4マスタコントロールパネルは壁取付け式のシステムで、8基のエンジン発電機の単一の商用電源のあり/なしの状態での並列運転をモニタリングおよびコントロールします。

利点

システムレベルのモニタリングとコントロール

15 inグラフィカルカラーインターフェイスでシステム全体の概況を表示

高速通信

すべての発電機およびビル管理システムへのネットワーク接続

コジェネレーション

オプションのコンフィギュレーションでは商用電源での最大8基の発電機の並列化が可能

製品仕様 EMCP 4.4マスタコントロールパネル

コンフィギュレーション 高速ネットワークを介して最大8基の発電装置のリモートモニタリングとコントロールが可能です。単一の商用電源に接続されたEMCP 4.4装着の発電装置のグループを並列化できます。 高速ネットワークを介して最大8基の発電装置のリモートモニタリングとコントロールが可能です。単一の商用電源に接続されたEMCP 4.4装着の発電装置のグループを並列化できます。
運転モード 緊急用予備電源、アイランド、商用電源並列化 緊急用予備電源、アイランド、商用電源並列化
用途 LVおよびMV(208 V~38 kV) LVおよびMV(208 V~38 kV)
ANSI保護機器 15/25、27/59、81 O/U、32、40、50、51 15/25、27/59、81 O/U、32、40、50、51
ANSI保護機器 15/25。27/59、81 O/U、32、47(産業用グレード) 15/25。27/59、81 O/U、32、47(産業用グレード)
認証 IBC、CBC、UBCおよびOSHPD認定 IBC、CBC、UBCおよびOSHPD認定
制御パネルエンクロージャ NEMA 1壁面取付け構造 NEMA 1壁面取付け構造
作動温度 0 °C~50 °C 0 °C~50 °C
保管温度 -20 °C~+60 °C -20 °C~+60 °C
低電圧標準 NEMA SG-5、CSA、ANSI C37.51、ANSI C37.20.1、UL 1558またはUL 891、NFPA 110、NFPA 99およびNFPA 70 NEMA SG-5、CSA、ANSI C37.51、ANSI C37.20.1、UL 1558またはUL 891、NFPA 110、NFPA 99およびNFPA 70
中電圧標準 NEMA SG-5、ANSI/IEEE C37.20.2、CSA-C22.2 No. 31-M89、EEMAC G8-3.2、NFPA 70、NFPA 99およびNFPA 1110 NEMA SG-5、ANSI/IEEE C37.20.2、CSA-C22.2 No. 31-M89、EEMAC G8-3.2、NFPA 70、NFPA 99およびNFPA 1110

EMCP 4.4マスタコントロールパネル 標準装備

コンフィギュレーション

  • 壁面取付けのスーパーバイザコントロールシステムで、EMCP4.4並列化コントロールパネルが装備されている最大8基の発電機のモニタリングとコントロールの一元化を実現

用途

  • LVおよびMV(208 V~15 kV) 50/60 Hz

作動温度

  • 0~50 °C

中電圧標準

  • UL 508A

非常時負荷切換えマネージャ標準装備品

  • データテーブルインターフェイス
  • 19 inカラータッチスクリーン

EMCP 4.4マスタコントロールパネル オプション装備品

非常時負荷切換えマネージャオプション装備品

  • マスタコントロールパネルのXLMバージョンで提供される、商用電源モニタリングおよびサーキットブレーカコントロールI/O

関連製品 - アタッチメント

  • ディーゼル発電装置 - C9、C13、C15、C18、C27、C32、3500、C175

EMCP 4.4マスタコントロールパネル を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート